2011年02月16日

斉藤洋美のラジオはアメリカン(1986年)

こんにちは、ディライブです。

「斉藤洋美のラジオはアメリカン」の録音テープです。


知り合いから、CDラジカセを借りて、確認することができました。

懐かしすぎる(笑)

ちょうど、斉藤洋美さんが、パーソナリティになってから、
1年たったぐらいの時期でした。
(A面が、3月30日放送分、B面が、4月6日放送分ですが、地域によって
 ずれがありますので、何とも言えません。)

変な名前シリーズや、ビバクイズの内容投稿、面カセベスト3では、
マジカセの「ギャプラス」が聞けたりなど、堪能しました。

当時の斉藤洋美さんが、26歳で、アメリカからワンポイントで入る
大橋照子さんが、34歳。

当時、中学生だった自分が、2人の歳を越えている面白い違和感を
感じながら聞いていました(笑)

ナムコの宣伝も、スターラスターやガントレット、
さすが、遊びをクリエイトしていましたね、この頃。

毎週、聞いていた方は、かなり楽しめると思います。

鶴間さんも、ちょいちょいしゃべっていますし。
斉藤洋美さんの当時のかわいい声が懐かしい。

励みになります。1ポチ応援よろしくお願いします。↓
brogbanner.GIF


追伸:「ラジアメ好き」さんから、アドバイスをいただきまして、出品違反に
   該当するものでしたので、オークションから速攻、削除しています。
   お騒がせしました。なつかし日記ということで・・・。
posted by ディライブ at 14:28| Comment(2) | カセットテープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする