2017年06月20日

明治維新の正体――徳川慶喜の魁、西郷隆盛のテロ

こんにちは、ディライブです。
本のご紹介です。

鈴木荘一さん著、「明治維新の正体――徳川慶喜の魁、西郷隆盛のテロ」です。



この本は、すごく読む価値があります。
歴史があまり好きではない方は、ちょっと読むのが辛くなるかもしれません(笑)

ただ、ペリーの黒船来航から、日本開国(実際は鎖国でもなかったという説あり)、
薩長の台頭、大政奉還につながる過程の一説を見ることはとても有意義であると思います。

こういったいろんな面、切り口、通説を見れることは本当に幸せです。
会津の苦しみ、徳川慶喜の苦悩はもっと描かれてもいいと思います。
(表舞台に出てきたのは最近ということもあるでしょうが)

また、坂本龍馬がああいう形で亡くなったのは、やはりなるべくしてなったと
いう気もします。

西郷隆盛に関しても、ぜひともこの本を読んだ上で、考えて欲しい人物です。

何が正しいとか、どう考えるとかはさておき、歴史を見るヒントが
この本には詰まっています。今の政治を考える上でも参考になるかもしれません。


    「勝てば官軍、負ければ賊軍」


この本を読んだあとに、この言葉が妙にざらついて聞こえます。

追伸:どこかのテレビ局が「リアル水戸黄門」を作ってくれないですかね。
   面白そうです。水戸光圀自身の直系をわざと残さなかったなんて、しびれます。
ラベル:明治維新
posted by ディライブ at 23:25| Comment(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

その名は、バシャール  さとうみつろう

こんにちは、ディライブです。
本のご紹介です。

さとうみつろうさん著、「その名は、バシャール」です。


バシャール関連の本は、どれも面白いですよね。
はっきりとした物言いが良いんだと思います。

事実かどうかということに視点をもっていくよりも、
自分が人生をどう選択するのか?という視点のために参考にしたら
良いかなぁと思います。

さとうみつろうさんは、科学分野に興味があるらしく、
真空状態での「対生成」と「対消滅」について語られています。

この状態と、引き寄せの法則のからみは大変、興味深いです。

元々あった何かが引き寄せられるのではなく、自分の望みと自分の望みの対象物が、
「対」で生成されて、それがお互いにくっつくことで、消滅する(願いが叶う)

だから、あなたが邪悪なものを出せば、それとくっつくことで消滅します。
逆から言うと、消滅するためには、くっつかないといけないということです。

あなたの頭の中は、どんなものを出して(生成)いますか?
思考もエネルギーだとバシャールは言っています。

興味がある方は、ぜひお読みください。面白いです。
興味がない方は、すごくバカバカしく感じると思いますので、
今までの人生の続きをどうぞ(笑)

違う次元の存在らしいです。バシャールは。
⇒ その名は、バシャール
posted by ディライブ at 12:07| Comment(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

「隠れ油」という大問題

こんにちは、ディライブです。
本のご紹介です。

林 裕之さん著、『「隠れ油」という大問題』です。


ぜひとも読んで欲しい本です。
糖質過多の問題もありますが、油過多の問題もあります。

この本にも書かれていますが、平均的な日本人は一年間で約13リットル飲んでいる
計算になるそうです。

つまり、1か月で、

これを1本以上飲んでいるようです。

ゾッとしますよね。

アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患、
その他、生活習慣病の原因でもあるのではないか?という内容が
書かれています。

実際に、自分を含めた家族を改善させた経験が語られています。

あと、個人的に興味深かったのが、精子数の減少等の言及があったところです。
これは私はちょっと気になっていまして、
自分の精子が減っているとかじゃなくて(笑)、

少子化と言われているにも関わらず、不妊治療が話題になったり、
不妊で悩んでいる人が見受けられる現状がです。

もちろん、少子化の原因として、晩婚化や結婚しないというのもあるでしょうが、
不妊とは、関係しませんよね。

もし、不妊で悩まれている方が居られたら、一読して、
少油生活をすることをおすすめします。
植物油を止めてみる価値はあると思いますよ。

ちなみに核となる内容を書くと、
 ・植物油は止める
 ・ωー3脂肪酸とωー6脂肪酸は、1:4の割合でとる。
 ・ωー3脂肪酸は、EPA・DHAになるために必要だから、
  魚をなるべく食べるようにすることが重要。
 ・植物油よりも動物油の方が、安全性は高い。
 ・ωー3脂肪酸の油は、亜麻仁油、えごま油。

他にもありますので、読んでみてくださいね。
少しだけ、専門的なことを書きますと、

炎症反応を起こす際には、プロスタグランジンという成分が関与するのですが、
それを多く作るのに関与するのが、ωー6で、
抑制するのが、ωー3と言われています。

つまり、ωー3の摂取量が少ないと、抑制作用が弱くなり、
炎症反応が拡大傾向になるということです。
(炎症反応自体は、身体にとっても必要な行為)


それと冒頭の有名商品の油まみれ率はぜひとも見てください。
チョコレートも油が入っています。

ちなみにガーナチョコレートはこの本で避けるべき油と明言している「パーム油」が
入っています。明治のチョコレートは、カカオ油を使っており、危険な植物油を
使用していないようです。ガーナ(ロッテ)が安い理由がここにあります。

おすすめです。
「隠れ油」という大問題-病気になる油、治す油-
posted by ディライブ at 10:41| Comment(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする