2017年03月23日

日本をダメにするリベラルの正体 山村明義

こんばんは、ディライブです。
本のご紹介です。

山村明義さん著、「日本をダメにするリベラルの正体」です。


最近、少しずつですが、世界的なリベラルの欺瞞が暴かれつつあります。
日本のリベラルはまた特殊な部分もありますが、アメリカのリベラルも似ています。

この本にも書かれていますが、リベラルはとにかく、責任をとらない。
過去や事実、現実とも向き合わない。

だからこそ、あんな見事にブーメランが刺さるわけですね(笑)
わかります。

ベストセラーのこの本についても紹介してあります。


この本の著者は、森友学園の振替用紙でも評判ですね。
その著者が性的暴行で訴えられていることも書かれています。

ポリティカルコレクトネスは知識として知っておいた方が良いです。
日本の閉塞感も、リベラルによって作られた気がします。
日本の「老害」も深刻ですが、それは日本の伝統からくるものでなく、
リベラルから来るものなのでしょう。

北朝鮮がミサイルをどんどんと打ち続ける中、
森友学園で騒いでいる日本って、やっぱりおかしいですよね。

リベラルの人の欺瞞を知るには、おすすめの本です。
一読する価値はあります。

⇒ 日本をダメにするリベラルの正体

追伸:日本の神道に関することも記載されています。私も神道は良いと思っていて、
   その理由は、他の宗教みたいにあれしろ、これしろ、あれするな、これするなとか、
   うるさく言わないところです(笑)
posted by ディライブ at 23:49| Comment(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: