2017年01月19日

STAP細胞の正体 船瀬俊介

こんにちは、ディライブです。
本のご紹介です。

船瀬俊介さん著、「STAP細胞の正体」です。


健康に関心がある方ならば、ぜひ一読して欲しい本です。
アマゾンというところは面白いところで、良い本をある程度
売価で判断することができます。
(読み手や人気の問題もあるので、一概には言えませんが)

この本は2015年5月に発売されていますが、
未だに中古本の値段が高い本です。こういった本は割と良い本で
あることが多かったりします。

ちなみに「嫌われる勇気」は2013年12月発売ですから、
かなりすごい本ですね。中古本でも1000円越えが当たり前です。




さて、このSTAP細胞の正体という本に書いてある方は、
普通の方は到底信じられません(笑)

現代医学というか、とりあえず医者とか学者が基づいている理論を
「嘘」だと言っているからです。

だからといって、この本に書いてあることが荒唐無稽だとも思えません。


  ・どうやって、傷が治るのか?
  ・1gのカルシウムをとった鶏が11gのカルシウムで覆われた卵を産めるのか
  ・不食の人が生きていられるのはなぜか?


こういった問題に、現代医学では説明ができませんが、
この本に書いてある学説だと、その説明ができます。

いろんな健康法やダイエット法が叫ばれています。
どんどん新しいものが出てきますが、人間の身体の仕組みは自分が生きている年月で
程度で、激変するわけはないので、仕組みさえ理解しておけば、
いちいち振り回されなくても良くなります。

あなたの常識をぶち壊してくれる本です。

「こんなのはトンデモ本だ」
「真実はこの中にありそうだ」

どっちを選ぶかはあなた次第です。
そのためには、まず読んでみてください。
選択すらできないのは、最悪ですから。

追伸:カントンの犬の実験は、何度読んでも衝撃的です(笑)
   おそらく今やったら、動物虐待で捕まるかもしれません。
   ⇒ STAP細胞の正体 「再生医療は幻想だ」
posted by ディライブ at 12:00| Comment(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: