2016年12月21日

はじめての人のための3000円投資生活

こんにちは、ディライブです。
本のご紹介です。

横山光昭さん著、「はじめての人のための3000円投資生活」です。


この本はすごく売れていますね。ベストセラーから、ちょっとロングセラーに
なりつつあります。

本の中身は、非常に簡潔に書かれているので、株や投資信託などの金融商品なんて、
まったくわからない人でも、ある程度理解できます。

すごく深い内容に触れているわけではありませんので、
初心者用ですね。

ちなみにこの本はあくまでも、3000円投資生活を教えるものであって、
投資についてレクチャーしている本ではありません。

ただ、将来のお金に漠然と不安を持っている人や、
貯金や預金を漠然と持っている人には、おすすめです。

低リスクではじめられますし、何より最初設定だけしてしまいすれば、
あとはほったらかしでいいというのも魅力的です。

この本にも、橘玲さんの本にも書いてありましたが、
こういった金融商品を買うということは、資本主義にかけるということです。
資本主義の前提は、どんどん拡大していくことですから、
資本主義が終わらない限り、この方法は基本的にうまくいくと言えます。

何となく、「投資」というのが怖いというのはわかります。

やるかやらないか、それだけです。
でも、このハードルの低さならやれそうです。
⇒ はじめての人のための3000円投資生活

読む価値はあります。(投資をしたことがない人に限る)
posted by ディライブ at 11:15| Comment(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: