2016年11月29日

マスコミが報じないトランプ台頭の秘密

こんばんは、ディライブです。
本のご紹介です。

江崎道朗さん著、「マスコミが報じないトランプ台頭の秘密」です。


この本はぜひとも読んでいただきたい。

アメリカの現実が書かれてあり、すごくビックリしました。
「あぁ、私もマスコミにやられていたなぁ」とも感じました。

インターネットのおかげで、だいぶマシな方かなとも思っていましたが、
全然でした(笑)


そして、私の中の疑問の一つが解決されました。
その疑問とは、映画「硫黄島からの手紙」の中で、栗林中将という方が
でてきます。その方は、戦前アメリカとも関わり合いが深く、
当時の日本もアメリカと比較的良好な関係を保っていました。


    それなのに、なぜ戦争?


これが納得いっていなかったのですが、
この本を読み進めて行く内に、つながってきました。

江崎道朗さんありがとうございます。

こういった関係の本は、陰謀論とかに走りがちになる場合もあるのですが、
この本は的確に一つずつ、いろんなものを伝えてくれています。

また、批判、非難だけが解決方法ではないことも教えてくれています。

最後に、ちょっと衝撃を受けた部分を引用したいと思います。

引用はじめ。

「現実にはアメリカ国民の多数派を占めるキリスト教徒が学校や職場で
『クリスマスおめでとう』と挨拶するのもダメ」

「男女が結婚して家庭を作り、安定した環境で子供を育てていくことが
大事だというのは同性愛者など性的マイノリティを無視した議論だ」

引用終わり。

えっ!マジ?

マジです。⇒ マスコミが報じないトランプ台頭の秘密

posted by ディライブ at 00:50| Comment(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: